スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バスト再生医療とは??

今回は、SAYA様の受けられた『バスト再生医療』と、

従来の『脂肪注入』の違いについてご説明させて頂きます。

大きな違いは、「生着率」にあります。

今までの脂肪注入では、注入した脂肪の20%~40%しか残らなかったのですが、

再生医療を行う事によって、80~90%も残るようになったのです!!

なぜこの様なことが可能になったのかというと

まず、脂肪は血液から栄養分をもらい生きている為、脂肪細胞は血管がなくては生きていけません。

しかし脂肪吸引を行う際、その血管を引きはがしてしまうので、取りだされた脂肪は血管が付いていない状態なのです。

その血管の付いていない脂肪をバストに注入しても、脂肪が生きていく為に必要な血管はすぐには再生されず、

せっかく注入した脂肪が死んでしまい、ほとんど残らなくなってしまうのです

で す が ・ ・ ・

ふくとみクリニックのバスト再生医療では、

自分の脂肪から、血管となる脂肪幹細胞をとりわけ1ヵ月かけて培養し、1万倍に増やします。

その増えた脂肪幹細胞と脂肪吸引した細胞を混ぜてバストに注入する事により、

脂肪が吸収される前に栄養を送る血管が再生でき、

注入したほとんどの脂肪が生き残るという画期的な方法を行っているのです!!

これが、SAYA様も実感されて満足していただいている『バスト再生医療』です!

脂肪注入の豊胸手術の方法では、最も新しい画期的な方法です!

バックは抵抗あるから自分の脂肪でバストアップができたら。。。とお考えの方など、

もっと詳しくお話を聞きたい方は、ふくとみクリニックへお問い合わせ下さい


スポンサーサイト

テーマ : 豊胸体験記 - ジャンル : 心と身体

バスト再生医療体験 SAYA様(20代)


ご手術をされる決心がつき、日にちも決まり、その日に向けて

手術前の健康診断や、お仕事を休まれる都合、体調管理等をしていく上で

心の準備はやはり一番困難だったのではないでしょうか

何年もの間、怖いからと避けられてきたものへの第一歩は、

相当勇気のいるものだと思います。

女性の強さはホントに計り知れないものだと実感しました



ご手術は、太ももの脂肪吸引をし、1ヵ月前より培養して増やした

脂肪幹細胞と、その太ももの脂肪を胸に注入するという内容でした。

朝10時前に来院していただき準備が出来ると、手術室へ・・・ 

全身麻酔の為、目が覚める頃には、夢のバストアップと太ももはほっそりとなっている状態に・・・!!



手術が終わると、完全に麻酔が抜けるまで、フカフカのベッドにて個室でゆっくり休んで頂きます。

ドクターよりOKの指示が出てから帰宅して頂きますが、もちろんフラフラの状態で無理やり帰すなんてことは致しません。

SAYA様は「当日は、脂肪吸引した所が痛くてそれ以外に何も考えられませんでした。

胸はめちゃくちゃ大きくなっていてかなり驚きました。」と、感想を述べられていました。

痛みは翌日をピークに、日に日によくなっていくので、痛み止めのお薬と気力で頑張って耐えて頂きました。

バストも初めは大きすぎて驚かれていたようですが、直後は腫れている事もあり、

脂肪も吸収されていくので、そのままの大きさではないことをお伝えすると安心されていまいした。

しかし、数日経つと腫れも引きどんどん吸収されていく様子に、無くなってしまうのでは?????と、
不安になられていましたが、1カ月程経つと大きく変化をする事もなく、ほっと一安心された様でした。



現在は手術から3ヵ月が経過しましたが、バストは2カップUPし、希望通りの大きさになったとSAYA様はとても喜ばれています♪

し か し
驚くのはここからです・・・

『脂肪注入』と『バスト再生医療』の違いとは?!?!?!?

次回ご説明させて頂きます。 

バスト再生医療体験 SAYA様(20代)

今回は「元々大きかったバストが、運動のし過ぎで筋肉になり、小さくなってしまった」との

お悩みで当院に来院されたSAYA様(ニックネーム)の豊胸体験をご紹介します。

院長とのカウンセリングが終わると、元々手術は考えておられなかったSAYA様は、

「プラセンタ注射によるバストアップを試してみたい」とご希望されました。

プラセンタ注射によるバストアップは、続けて頂く事により効果があらわれるものなので、

週に一度のペースで5回、または10回のコースをお勧めすると、

10回コースを選ばれました。

二回目の来院時には

『凹んでいた所が膨らんだ感じがします』と

早くも効果を感じられ、持続させる為約3年半通い続けられました。

 しかし。。。

通い続けて2年半の年月が過ぎる頃、SAYA様は

『バスト再生医療』に関心を持たれました。

「手術は怖くて、何年もの間受ける気にはなれなかった。

でも毎日毎日バストの事で悩むのが嫌で、鏡やお風呂の時に自分の胸が見えると

気になって仕方がなかった」と

当時を振り返り、そう話されています。

手術をするのはこわい!!でも・・・悩み続けるのなら、いっそのこと手術を

受けてみたいという思いが、日に日に増していく様になり、

何度もドクターに相談したり、わからない事や、不安な事を質問していくうちに

少しづつ手術へ踏み切る決心がついていかれたようでした。。。

                                          ・・・次回へ続く・・・

テーマ : 豊胸体験記 - ジャンル : 心と身体

バスト再生医療体験 ちゃーこ20代

小さい胸がコンプレックスで沢山の病院にカウンセリングに行きましたが、

ふくとみクリニックのカウンセリングが丁寧でメリット・デメリットもきちんと

教えてくれたので信用できると思いました

また、先生の対応と質問にもきちんとした答えが返ってくるところも決め手となりました

丁寧に何度も説明をしてくれて、不安も取り除いてくれました

私はできるだけ自然に胸を大きくしたいと思っていたので、

自分の脂肪を胸に入れて大きくする脂肪注入という手術で、

脂肪が最も胸に残りやすい、「再生医療」の方法を選びました。


施術の当日は、全身麻酔のため施術中の痛みは全くわかりません

ただ、目が覚めた後は寒気がしたのと痛みは胸より脂肪を取った太ももの方がありました

当日は不安と期待でいっぱいで帰りは歩きにくかったです。

3日間は安静に過ごしました。その間はトイレが大変でした。

胸は限界まで大きくしてもらったので
授乳中のような張りがあり、寝返りが打ちにくかったです

1~2週間もすると痛みは落ち着いて日常生活は普通に送れるようになりました
アフターケアとしては、胸を軽くマッサージしたり足はメディキュットを履いたくらいです

今では、胸も希望の2カップUPしコンプレックスが取れて、足も細くなり
本当に良かったと実感しています!!もっと早くすれば良かったです

先生含め、看護婦さんに感謝の気持ちでいっぱいです
これからもよろしくお願いします。

tag : 再生医療 脂肪注入

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。